ゼロから始めたガジェット生活

低所得なガジェット好きの底辺探しの備忘録。

ぶっちゃけPayPayってどうなの?実践編

コンビニとの相性は良さそう。

 

 

 

ぶっちゃけPayPayってどうなの?

f:id:Mr_No_Name:20210112085905j:plain

使ってみなければどんなものなのか分からない。

そう言うことで実際にとりあえず1000円だけチャージし、実際に使ってみました。

使った場所は以下の2か所。

この2か所を選んだ理由はそれぞれ次の通り。

よく行く店でもっとも使う機会があるであろう店がとらのあななので使い方を知っておきたかった
セミルフレジが導入された店舗での利用。

手間のかかるコード決済がどの程度までオートメーション化されるのかを見てみたかった

ということで実際に使ってみた感想をテキトーに書いていきたいと思います。

 

とらのあなで使ってみた

f:id:Mr_No_Name:20210114220252j:image

カメラでQRコードを読み取るタイプの決済でした。

モバイルSuicaで支払いをしていた時は気が付かなかったのですが、でっかいQRコードがカウンターに張り付けてありました。

QRコードを読み込んだ後、自分で打ち込んだ値段を店員に見せる手間はやっぱり手間だし、店側が支払いが完了したことを確認するまでに結構な間があったり、アプリのdポイントカードを使っているのでポイントを付与するためにアプリの切り替えが面倒だったり。

ぶっちゃけ後から考えれば圧倒的にモバイルSuicaの方が圧倒的に便利なのですが、実際に使っていた時はなんかものすごくいいなあぁと思っていました。

コレ本当に不思議。

多分初めて使ったことに対して少し興奮していたのかもしれません。

 

セブンイレブンで使ってみた

f:id:Mr_No_Name:20210114220301j:image

セミルフレジだと店員がレジに商品を通したあとで、決済方法を選んで決済を済ませるのですが、コード決済の場合、その方法を選んだら店員にバーコードを読み取ってもらおう必要があります。

けれど読みとってもらったらその瞬間に決済は終了。

とらのあなの時のような謎の決済待ちもなくスムーズに退店する事が出来ました。

使用感で言えばSuicaよりも楽かもしれないです。

 

まとめ

セブンイレブンのようにコードを読み取ってもらおうタイプの決済なら喜んで使っていけるかもしれません。

決済にかかる時間で言えばモバイルSuicaでの支払いと遜色ないように感じましたし。

apple watchでもコード決済なら使えるんですけど、これは使わずとも使用感悪いのは目に見えているので使うことは金輪際ないです。

一方QRコードを読み込む方のタイプはちょっと敬遠しちゃうかも

手間は百歩譲ってしょうがないにしても、あの決済完了までの謎の時間がとにかく無駄。

モバイルSuicaでの支払いなら絶対に生じない間ですからなおのこと。

それでもとらのあなSuicaを使ってもポイント付かないしなぁってことを考えたら、手間を惜しまずPayPayを使っていった方が良いような気もします。

f:id:Mr_No_Name:20210114220323j:image

もう少しいろんな店で使ってみてから本格的に運用していこうかどうか検討してみたいと思います。

 

個人的にモバイルSuicaに比べてPayPayが勝っているなと思う点は口座から直接引き落としてPayPay残高としてチャージできるというところ。

あまりクレジットカードを使いたくない派なのでぶっちゃけこの点だけでもモバイルSuicaから乗り換えても良いレベル。